フェスティバル・ディレクターからのメッセージ

HIROSHIMA 2016へのご協力、誠にありがとうございました。
2018年8月、HIROSHIMA 2018でお会いしましょう!


Sayoko Kinoshita

皆々様

平素より、広島国際アニメーションフェスティバルへの温かいご支援を賜り、誠に有り難うございます。

お蔭様で、昨年8月には、第16回大会を無事に開催し、今回も、世界の個性豊かな優れた作品を多数ご紹介することができました。
また、関係者の皆様の多大なご協力を得て、日本のアニメーション100周年に先駆けて、草創期から現代まで、短編作品を中心に概観した大規模な日本特集を行なうことができました。改めて、心よりお礼申し上げます。

当映画祭は、「国や言語を超えた人類共通のメディアであるアニメーションは、平和および全ての人々の相互理解を深めるのに役立つことができる」という国際アニメーションフィルム協会/ASIFAの心と、世界の恒久平和を願う広島市の心を重ねて、1985年、被爆40周年記念事業として創設されました。そして、制作者の立場を大切にする、世界でも有数の映画祭として継続してまいりました。

アニメーションは、音楽、美術、文学、歴史、哲学、科学、自然、空想など、人間が織り成すあらゆる文化を総合し、より人間的な優しさを追求する芸術です。アニメーションとは、生命の無いものに生命を与えるということです。今後共、アニメーションアートの振興を通した国際異文化交流の促進が、あらゆる芸術文化を花開かせ、平和への確固とした礎になるよう、情熱をもって取り組んで参ります。

現在、2018年8月開催予定の第17回広島国際アニメーションフェスティバル HIROSHIMA 2018に向けて、事務局一同、準備を進めています。
この秋には、新しい規約とエントリーフォームが出来上がります。

皆様の素晴らしいアニメーション作品を、ぜひ、HIROSHIMA 2018にご応募ください。
そして、来夏、多くの皆様にご参加いただけることを楽しみにしております。

2017年2月

木下小夜子
フェスティバル・ディレクター