国際アニメーション・デー(IAD)2019の開催

10月28日は、フランスのエミール・レイノー(Emile Reynaud 1844~1918)が、1892年、パリのグレヴァン博物館にて、自ら発明したテアトル・オプティック(視覚劇場)を用いて、世界で初めてアニメーションを一般公開した日と言われています。

国際アニメーションフィルム協会(ASIFA、本部:フランス・アヌシー市)は、アニメーションアートの普及と発展を目的として、この記念すべき 10月28日を“国際アニメーション・デー”と定め、2002年から、各国のASIFA支部を中心に、毎年10月28日およびその前後、世界中で“同時”にアニメーションの催しを行なう企画を展開しています。今年は18周年を迎えます。

日本でもASIFA日本支部が主体となって、2005年からこの企画に参加しており、広島市においても毎年、「国際アニメーション・デー in 広島」を継続開催しています。
今年も「国際アニメーション・デー2019」を開催予定です。

「国際アニメーション・デー 2018 in Japan」公式サイト(ASIFA-JAPAN)